talk around d20

D&DやPathfinderを中心にTRPG関連のことを書きます。

D&D5eでの呪文の扱い

Starter Setのルールブックを読んでいての続きです。
今回は呪文について取り上げます。

第5版での呪文の形態は、第3版までのいわゆる「スロット制」に戻りました。
しかしただ形態が戻っているのではなく、より使いやすくなるような取り組みが試みられています。

初級呪文の存在

初級呪文は第3版で言う所の0レベル呪文にあたります。
最初から使える呪文ということで効果もかなり限定的です。
ただ4版をデザインした際からの意識が受け継がれている部分だなと思うのは、この初級呪文はスロットに入れる必要がなく、習得しているものであればどの呪文でも即座に、そして何度でも使えます。

これによって呪文スロットに入っている呪文を使い切ったウィザードが、もう戦闘終了するまでできることが何もない、という状況を回避することができます。することがないならコストを気にせず、とりあえずレイ・オヴ・フロストで魔法遠隔攻撃を行えます。

スロットの概念

呪文スロットという概念が復活しました。
フレキシブルな仕組みであると同時に、これまでになかった管理方法が必要になってくるかな、という感じです。

それまで呪文レベルと消費するスロットは一対の関係でした。
しかし第3版で特定の特技と組み合わせることで、呪文の効果を最大化したり、音声要素や動作を省略したりすることが可能でした。ただしそのためには本来のスロットより上位の呪文レベルのスロットを消費しなくてはなりませんでした。

第5版においても呪文の効果を強力なものにするために、上位のレベルの呪文スロットを使用することができるようにデザインされています。この際に特別な前提条件は無くなりました。呪文の説明に上位スロットでの使用方法が書かれてある呪文であれば、呪文を準備する段階で覚えればいいだけです。

逆にこのスロット管理が第5版では明確に求められるようになった印象です。
特に1レベル呪文を2レベルスロットと、3レベルスロットの両方に準備する、などという運用をしたい場合にはキチンと管理していないと混乱をきたしそうですね。

それ以外

ぞれ以外については概ね第3版の呪文の概念を踏襲しているようです。
範囲やら構成要素やらといったルールがそのままあります。まぁ構成要素は、よほど特殊な状況下にあるか、構成要素で具体的な金額が明示されていない限りは呪文構成要素ポーチの所持一つで事足りるわけですが。