talk around d20

D&DやPathfinderを中心にTRPG関連のことを書きます。

初めて5eセッションを行いました

先日、D&D5eのテキストオンラインセッションに参加してきました。2レベルクレリックでの初参加でした。1回のセッションを通じて感じたことを書いてみたいと思います。

戦闘の軽さ

以前から5eの戦闘処理は軽いと聞いていましたが、実際に回してみると確かに軽い。僕は4eで戦闘処理を重くした原因であると思っているマークの処理が無くなったことにより、サクサク進むなぁという印象は確かにありました。あまり悩ませられることが少ないというのもあると思います。

機会攻撃の扱い

これまで3e、4eやPathfinderを通してプレイしてきた人で気をつけなければならないのはここかもしれません。機会攻撃を誘発する要因がだいぶ変わりました。接敵している状態で呪文やRenged Attackをしても機会攻撃を誘発しませんし、敵のまわりを5ft以上彷徨いても誘発しません。近接範囲から逃れる時にDisengageしてないと誘発します。この辺の変化は一応頭に入れておく必要があるかもしれません。

ボーナスアクション

5eで新たに導入されたアクションですね。フリーアクションともちょっと違います。
アクション種別がボーナスアクションだと続いてアクションを取れることになりますので、例えば僕がやった例でいうとヒーリング・ワードを使ったあとで、さらに通常の移動と通常のアクションを取ることが出来ました。ボーナスアクションが取れる行動は結構多いようなので、特に呪文系ではアクション種別の把握が重要です。

ロールプレイの支援システム

特に4eではあまりロールプレイというのは重要視されていなかった気がします。それに比べて5eでは有利が取れるインスピレーションというポイントがあり、これを稼ぐために以前のD&Dよりもロールプレイが推奨されています。

このロールプレイ支援ということもあって、日本ではボイスチャットを使うよりもテキストチャットでセッションをやる方が敷居が低くなります。システム自体が軽くなってますんでテキストチャットでも、それほど苦になりませんでした。

 

と、まぁ大雑把な第一印象を書き連ねてみたんですが、やはり結論としては「面白い」ということになります。Basic Rulesは日本語版が公開されていますので、是非皆さんに遊んでいただきたいです。Basic Rulesだけで物足りないという人がさらなるプレイの幅を持たせるためにPlayer's Handbookを購入するかどうかを考える、というのでちょうどいいと思います。